営業時代に感じた業務で意識すべき対人スキル

ここでの対人スキルとは業務上のコミュニケーションです。チームでの作業が主となる方には欠かせないスキルと考えます。私が営業時代に感じた必要だと思う対人スキルを4つ並べてみました。

  1. 【リスニングスキル】 相手の話を耐えずに最後までしっかりと聞けるか、課題を捉えることができるかということは最も基本的でかつ重要な対人スキルだと思います。必ずしも自分の意見を押し通すだけがコミュニケーションではなく、相手を理解しその気持ちや思考を尊重することが大切だと感じました。→提案資料助言の意図を理解せずに進めたところ全く違う方向に向かてしまい時間をロスした経験があります。
  2. 【明瞭なコミュニケーション】 自分の思いや意見を他人にわかりやすく伝えることも重要だと感じます。どれだけ素晴らしいアイデアでも、それを適切に伝えられなければ認識されません。明確で簡潔な表現で伝えることが重要だと感じました。→よく自分の意見を持ちましょうと言われました。また話し方として結論を先に述べることによって改善されました。
  3. 【共感力】 他人の感情や立場を理解し、共感できるか否かは、人間関係に大きく影響すると思います。相手の視点から見たときにどのように感じるのかを想像し、理解しようという姿勢を持つことが重要だと思います。→相手のためと思ってアドバイスしていても相手にとってストレスになる伝え方等をし、相手が体調を崩してしまったなどの話を聞いたことがあります。
  4. 【チームワーク】 ほとんどの業務はチームで行われます。能力の高い個人よりも、良好に機能するチームが成功するのかななんて思っております。各自の役割を理解し、互いに協力し合うことでチームは強固になります。→私が所属していたチームではよく相互理解ワークを1日以上かけて実施し、相手の強み弱みを一緒に探し理解していくワークを行っていました。

これらのスキルを持つことは、営業だけでなく、どの職種においても有益だと思います。業務の中でこれらのスキルを磨いていくことで、より良い結果を得られ、成長することができのかなと思っております。。自分自身も身につけられていないスキルがあると思っているので、日々意識していきたいです。