意見の通し方について

今月は、業務中に「これってめちゃくちゃ大事なことなのでは??」と感じたことを書いていこうと思います。ただ今回は、データや数字から分析するものではなく、感覚的な話なので、いつもより抽象的になるかと思いますがご容赦願いたいです。

まず、感心したシチュエーションとは、プロジェクトのキックオフ直前に行われたクライアントとのMTGの一幕でした。今後の進め方について話している中で、定例会はどうするかという話題になりました。フロントに立たれている方(Aさんとします)は、他の通常業務もあってかなり忙しい様子で、「定例会はまた時間合う時に、、」と定例会の実施にすら消極的だったのですが、そこで上司の方が「定例会は絶対必要です。」ときっぱり一言。すると、Aさんはカレンダーを開き、忙しいスケジュールを縫いながら定例会の日時を確保してくれました。もし自分がその時上司の立場だったら、「じゃあ一旦次の会議いつにするか決めましょう。」みたいな感じで、なあなあになってしまい、定例会の実施まで漕ぎ着けられなかったと思います。定例会の重要性を理解している上司の方からすれば、そこまで大した場面ではないと思いますが、自分にとっては、コンサルとしてのあるべき姿やクライアントとの接し方などすごく考えさせられる出来事でした。
また、このようにサラッとこちらの要望を受け入れてもらうためには、まず何よりも信頼を得ることが重要だと思いました。そのためには、知識や経験はもちろん、レスを早くしたり、悩みごとをしっかり聞いてあげたり、時には毅然とした態度で接したりとか、日々上司の方の姿勢を見て勉強しています。
前職の営業時代に意識していたことを思い返すと、「お客様には全力で寄り添うけど、言うことは聞きすぎず、あくまで主導権はこちら。導入部分や話し方、知識で信頼を得る。当たり前感で『はい』を言わせる。」と、今の仕事にも共通していることも多いなと思ったので、その辺りを意識しながら動いていきます。